・・Ruri + Hari・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 森に還る

<<   作成日時 : 2014/11/15 00:21   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


そこには なぁんでもあった


画像

病院も 変電所も 歌舞伎小屋も


画像


お父ちゃんがいて お母ちゃんがいた


画像


弟も 妹も


画像


みっちゃんも ともくんも

画像




そこには 小さくて大きな 村があった



画像


その山に 銅があった 間は



画像









☆愛媛県 別子銅山跡☆


画像






久しぶりに更新したと思ったら こんな廃墟・・・・。

決して心が荒んでるわけじゃございません(笑)

それどころか!!


・・・・てことで、あたしは元気にしております。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
お元気で何よりです
日本じゃないみたい
繁栄の後にはこうなる
日本の将来の姿にならなきゃいいけど
achisi
2014/11/15 14:20
achisiさん
こんにちは。ご無沙汰してました。

ここ、初めて行ったんですけど、なかなかどーして迫力ありましたよ。
軍艦島みたいになる前に、ぜひ!いきたかったんですよね〜……鎖や柵で囲われてしまう前に…。
Can
2014/11/15 16:58
こんにちは。お久しぶりです。

廃墟フェチなる人もいらっしゃいますが、シブイです。(^^)
mimitaro
2014/11/16 16:25
沢山の気持ち玉をありがとうございます。
昔の栄華も時代と共に流れさるのでしょうか?
その流れを封印可能なのも、写真かも分かりませんね。
ちーぼう
2014/11/16 17:07
時間の流れを肉眼でみることができました
その時間の流れの果てにあったのがここにあるお写真として、かつてここには人がいて、わが国の発展に寄与したこと大であった
その人々の声がたしかにわたしの耳に届いたようにもなりました
そういうお写真だと、わたしには思えるのです
銅など無尽な筈もなく、ここは今は、その役目を終えてしまっている
ですが、わたしはここにあるのを、衰弱とは見えませんした
廃墟ではあっても、後世に引き継ぐ価値がある遺産だからです
そして
ここを自然がとかしていることで、Canさんが「森に還」しておられたこと、でも、まずはここにたくさんの人々を埋めてみたこと、それは、わたしを温めるものでもありましたよ
ナツオ
2014/11/16 18:29
mimitaroさん

こんにちは。ごぶさたしておりました。
フェチと言うほどではありませんが、廃墟は好きです。
建物に限らず、役目を終えた機械などにも惹かれます。枯れた花も。
若い頃はそんなん思いませんでした。人生の後半にさしかかったからかもしれませんね。
Can
2014/11/16 18:53
わぁ、久しぶりの更新ですね!
お元気そうでなによりです。

別子銅山跡、軍艦島とともに行ってみたい場所です。
結構いろいろ入ることが出来るんですね。

霧に包まれてまさに東洋のマチュピチュ!
T2000
2014/11/16 19:44
Canさん久しぶり!
元気にしとったん?
相変わらず素適な写真ですね。

僕もCanさんみたいに撮りたくて、小型だけどデジイチ買っちゃったんだよ
まだまだ素人だけど…(笑)
ケン坊
2014/11/16 22:01
ちーぼうさん

はじめまして。お出ましいただきありがとうございます。
この銅山跡に立ってみて。
財閥の力とか、ひいてはお金の力。
そんなのを目の当たりにした様な気分になりました。
Can
2014/11/16 23:37
ナツオさん

車で離合するのがやっとの細い道を登りきったところに、この村の残骸はありました。
ありし日、ふもとから村まで、登りは人の足で2時間。
だけど下るのは45分・・・・どれだけ急か(笑)
冬には雪に閉ざされます。
そんな山のてっぺんに、これだけの石を運び積んだ。棲みついた。
いまあたしの踏んだこの土は、あの日炭鉱夫が歩いたのです。
このかまどの跡は、夫や子供を待ちながらせわしなく鍋をかきまわす女たちを、ずっと見てたのです。

いまはすっかり、蔦が覆い樹が繁っていますけど。
その人たちの気配を、ちょっとでも感じてみたくて・・・・・。

ナツオさんの表現いつも素敵だけど、「自然がとかす」にはジェラシーさえ感じます。
「溶かす」「解かす」「梳かす」
どれも「そう」みたい。
あぁ、銅鉱だったんだもん「融かす」もアリかしら?(笑)
Can
2014/11/16 23:58
T2000さん

お久しぶりです。ここ、覚えててくださって嬉しいです。ありがとう。
オサレなT2000さんは、秋冬のワードローブもすっかり充実されてることでしょうね。

ここ別子銅山跡も、最近にわかに注目を集めていますから、はやく来ないと軍艦島みたいに柵で囲われて、看板が立って、歩きにくくなっちゃうかもですよ。
あたしも、廃墟の階段上りたい衝動をぐっとこらえました。
や、もしも怪我しても「管理体制はどーなってるんだ!」とか言いませんけどね(笑)
Can
2014/11/17 00:03
ケン坊さん

久しぶり〜!いやぁ来てくれて嬉しいわぁ。
はい。すこぶる元気にしとるんよ〜お陰さまで♪
なんですと!ケン坊さんもデジイチ仲間になったんだ。
楽しいよね〜!楽しくて時間がナンボあっても足りないくらい(笑)
ケン坊さんの写真、これからいっぱい見せてくださいな。
Can
2014/11/17 00:12
はじめまして
先日はうれしいコメントありがとうございました。
さっそく遊びにこさせてもらいました。
お写真すてきですね。廃墟?大好物です(笑)
そして↓のほうの「わすれない」の記事。涙涙で見ました。
我が家のビーグルも今13歳。病気をしながらもなんとかがんばってます。
別れを意識しながら1年1年。
ペロちゃん。うちの子が行ったら一緒に遊んであげてね♪
また素敵な写真に会いにこさせてくださいね。
花音
URL
2014/11/20 22:57
花音さん
きゃ〜〜!!お出ましいただいてありがとうございます。
そのうえコメントまで・・・・ひっくり返りそう♪
拙いブログ、過去の記事まで見ていただいて、重ねてお礼申し上げます。

ペロの事は、毎日のように思い出します。
Hana(二代目ワンコ)と暮らしてるからこそ、思い出すみたい。
散歩する時。餌をやる時。遊ぶ時。
決して比べてるとか、そういうんじゃなく、先代のワンコとして、あたし達の心の中にずっと生き続けています。
花音さんちのクッキーちゃん、ペロの分まで長生きしてね。
あ!
そう言えば、ペロも生きてたらクッキーちゃんと同い年。
もしかしたら兄弟だったかもしれませんね(笑)
Can
2014/11/20 23:40
Canさーーーん!!!

やっと 会えた!
お元気でよかった・・・。
けんまむ
2014/11/21 00:02
けんまむさ〜〜ん♪

心配かけてごめんなさい。
元気にしてます。
またここでお話しできるのが、嬉しいです。
Can
2014/11/21 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森に還る ・・Ruri + Hari・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる